ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年12月04日

初宮詣

初宮参りは誕生後初めて神様に、お祖母さんなどに抱かれてお宮参りをすることで、単にお宮参りとも言われます。

産土の神様に出生を報告するものであり、子供が無事に生まれた感謝と今後の成長のご加護を祈ります。

男児は誕生三十一日目、女児は三十三日目にお詣りすることが多い様ですが、地方によりましても様々なようです。

またこのことによりまして、一人の人間としてこの地域の一員、ひいては産土の神様の氏子の一員として認めて頂くことになります。

これを氏子入りと申します。

このように致しまして、産土の神様とのご縁が結ばれて、一生の間、何かにつけて産土の神様と氏子が関わりあいを持って生きていくことになります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
12月限定の書置き朱印「年越大祓 ゆく年くる年」と「師走 椿」12-1-R4.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg新しい巫女印の祈念朱印10-15-R4.jpg巫女の授与品10-15-R4.jpg御朱印帳10-15-R4.jpg12月の季節印「椿と雪」11-30-R4.jpg12月ミニの書置き朱印「年越大祓」と「師走 シマエナガと南天」12-1-R4.jpg
posted by miya at 05:50| Comment(0) | 神主からの言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: