ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年05月22日

2022年05月21日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年05月21日

差を設けない

神道では、八百万の神様と申し上げ、神様は偏在なさると考えます。

このことをもう一度意識しなおすのが肝要です。

八百万の神様と申し上げますのは、神社にお祀りされております神様をはじめ、路傍の花や石にも、川にも山にも、植物にもそして、動物にも、勿論それぞれの人間にも神霊が宿ると理解するということであります。

また、大工さんに伺いますと、建築が終わり、竣工式などを致しますと、一瞬家が光るように感じることがある由、その時、家に魂が入ったと思われるそうです。

つまり、家など物にもご神霊が宿るわけであります。

これは、どういうことかと申しますと、神様がお創りなさった全てのものには、神様の魂のかけらが入っており、そこには、差がなく、全てが神様であるということを意味いたします。

日本人は、古来、動物にも名前を付けて可愛がり、針なども、針供養をするなど、やはり物に宿るご神霊を邪険にしませんでした。

このことは日本人の、ものを尊重し大切にする基であります。

しかし、最近このことを忘れている方もおられるようです。

もう一度思い出し、全て差を付けずに神様として大切にやさしく、尊敬をもって接したいものです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月の季節印「竹とたけのこ」5-16-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg「紫陽花」と「南天の花」5-18-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
posted by miya at 00:59| Comment(0) | 神主からの言葉

年神様

ある神職の方から教えて頂きました。

元旦には、元日にやってこられる年神様を各家家でお迎えし一年間の幸せを祈ります。

大切な神様をお出迎えするわけですから、着るもの、履物から下着、茶わんまでも新しくして十分な用意をして神様をお迎えし、そのために歳の暮れには大掃除をいたしまして、玄関にはしめ飾りを飾ります。

そのしめ飾りは、神々様が家を訪れなさる時の目印であり、その家が神聖な場であることの証であります。

これらはみな神道に基づいた行事であります。

そうしたことを意識せずに行ってきなさった人も多いでしょうが、あたしたち日本人の心象に神道の感覚といったものが深く根差しておりますので、こうした行事を後世に受け継いでいきたいものです。

因みに年は、日本人にとってとても大切なお米も意味いたします。

つまり、「年」は日本人にとり需要なものであることがあらためて分かります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
5月限定の書置きの朱印7日から「ハナミツキ」と「てっせん」5-7-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpgミニの5月の後半限定の書置きの朱印「たけのこ」と「皐月」5-7.jpg
posted by miya at 00:56| Comment(0) | 神主からの言葉