ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2017年11月19日

あたしたちは自然の一部

神道は汎神論をとります。

つまり人間のみならず、全てのものに神聖が宿るという考え方です。

大工さんに伺いますと、家が完成したという感覚を持たれた時、家に光が入り込むという感覚を持たれるようです。家にも魂が入るのかもしれません。

逆に言いますとあたしたち人間も、自然の一部で、周辺のものと一緒に生きているのかもしれません。

自然物は、例えば、樹木は、ある年月が過ぎますと枯れて朽ち果て土になります。そして、そこからまた新しい樹木が育って参ります。

直線の進行ではなく、ループです。

人間もおなじく輪廻転生を繰り返しているようです。

自然物も動物もみんな一緒に長い生き死を通して楽しんでいると思い、慌てず焦らず、日々愉しめば良いのだそうです。

ある神職の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

プレイト2種11-7-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg小ブロマイド5-31.jpg御百度帳8-1-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg
posted by miya at 03:24| Comment(0) | 神主からの言葉

輪廻

一説には、宇宙開闢から138億年といわれていますが、最新の物理学では、パラレルワールドやマルチバースなどが提唱され、宇宙は、何処が始まりなのか終わりなのかもわからなくなってまいりました。

いわば無限の過去から無限の未来が続いており、あたしたちはまさに無限の中のある一点に今生きているようです。

しかし、最新の子供の退行催眠や、臨死体験、共時臨死体験他の研究により、あたしたちも実は、何度も繰り返し、生まれ変わりをしている証拠となるものが出されるようになってきました。

神様は永遠の宇宙を創られ、それに倣ってあたしたちも永遠の存在のようです。

考えてみますと神道をはじめ、世界中の多くの宗教で輪廻、生まれ変わりが説かれているのは面白いものです。

その一方、臨死体験ほかも、蘇生しているということは本当の死ではないと仰る方もおられますが、カオス理論を待つまでもなく、あたしたちの理解には限界があり、分からないことがあるというのが真実のようです。

さすれば、パスカルが提唱した如く、神様・霊・輪廻を信じ、魂の永遠を確信するところから物事を考えますと心も落ち着き、長期的、鳥瞰図的俯瞰で物事に対処できますので、精神的にも良いようです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印帳本表紙11-13-H29.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg巫女座り.jpgしおり11-7-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPGおまもり各種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpg紅葉の朱印10-31-H29.jpg巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPG地球の歩き方紹介11-13-H29.JPG
posted by miya at 03:21| Comment(0) | 神主からの言葉

2017年11月18日

イメージは効果あり

人生は楽しい事ばかりではなく、むしろ辛い事やかなしい事の方が多いようです。

この辛い事や悲しいこともゲーム感覚で楽しむのが人生なのだそうですが、実際その場面に遭遇しますとそう簡単ではありません。

辛いことが起こってもそれに前向きに対応するためには好きなことをするのがよいそうです。

好きなことであれば、それをする途上で壁にぶつかっても前向きに対処することが出来ます。

その次の方法は、大変なことに直面した時、好きなことを考えるようにするのだそうです。

好きな事、好きなもの、自分が夢中になれる状況に集中し、常にその感覚を思い出すようにしますと、負の状況や嫌な状態から身を置くことが出来るようです。

そして、もう一つの方法は、神道で申します、恩頼(みたまのふゆ)と申します神様からの愛情や恩徳にあたしたちの身体が満たされ、あたかも後光があたしたちの身体の周りを包んでいるようなイメージを持つと護られているという意識が芽生えてくるようです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印紙入れ10-24-H29.JPG
qr_guide_kekkon.gifsyaoku.jpgmiko.jpgしおり11-7-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg御百度帳8-1-H29.jpg暦10-5-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg交通安全守り10-5-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg巫女スタンプ2種類11-8-H29.JPGおまもり各種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg紅葉の朱印10-31-H29.jpg
posted by miya at 05:23| Comment(0) | 神主からの言葉