ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2018年01月14日

周囲は如何様にも変わる

心の持ち方が重要だそうです。

心の持ち方次第でどうにでもなるそうです。

眉間にしわよせて悩んでいる人、闘いを仕掛けていく人がかっこよく英雄なのではないそうです。

本当の英雄は眉間にしわを寄せ、戦いを仕掛けなければならないところでも喜びを見いだし、その喜びを拡げて下さる人だそうです。

周囲は何も変わっていなくても心の持ち方次第でその場所が天国にも地獄にもなるそうです。

そして真実は神様は天国を創られ、地獄はあたしたちが勝手に幻想しているだけだそうです。

心の持ち方次第で地獄と思っているところを天国に出来るのだそうです。

ある霊能者の方から教えて頂きました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

南天ー2.JPG
qr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpgおまもり各種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg金色朱印帳と袋11-7-H29.jpgストラップお守り10-5-H29.jpg祝箸10-5-H29.jpg暦10-5-H29.jpg縁結びお守り9-6-H29.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG紅白の南天マルチ11-27-H29.JPG
posted by miya at 04:14| Comment(0) | 神主からの言葉

不和と病気

ある医師から伺いました。

この医師を訪ねられる患者さんに身体の診断とともに世間話をされますと、患者さんの多くが家庭に不和のある方が多かった由です。

また、けがをされた方の多くは、家族で言い争ったり仕事仲間と喧嘩をなさった後だったそうです。

人間通しの付き合いがいつも順風満帆ということはありませんが、もしも不和の状態が生じましたら出来るだけ早く気持ちを切り替えるのが健康の秘訣だそうです。

故田中角栄さんは、重要なのは味方を作ることではなく敵をつくらないことだと喝破された由です。

不和にならないようにする方法は、何があっても「ありがたい」、気持ちがイライラしても、ともかく心の中で「有り難い」と唱えてそう思うようにすることだそうです。

そこから健康が生まれてくるのだそうです。

また人・もの、全てと仲良くするようにしますと全てがあたしたちを活かし、味方になってくれるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

巫女キーホルダー10-5-H29.jpg
syaoku.jpg1-10までの朱印.jpg神宮大麻11-16-H29.jpgプレイト2種11-7-H29.jpgシール4種11-7-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg絵馬各種9-6-H29.jpg
posted by miya at 04:08| Comment(0) | 神主からの言葉

2018年01月13日

心の力

かつて米国イエール大学の体育学教授にアンダースという博士がおられたそうです。

この方がある実験をされました。

この方は11人の被験者に右手の運動のみを1週間させて右手の筋力が強くなったかを調べられました。

そうしますと11人すべての筋力の上昇を確認されました。

ところが同時に運動をさせなかった左手の筋力を調べられたところ、運動をしなかったにもかかわらず左手の筋力の上昇もが確認でき、人によっては右手より左手の筋力が上昇していたそうです。

この理由は、右手を運動させようとするとき、心の中に「手を運動させよう」と云う「念」が湧き起こりその念が右手のみならず、運動しない左手にも作用して左手の筋力も上昇したのではと推察されたそうです。

左様に心の力、念の力は神様の分御魂の力ですので強く、これをどう活かすかが肝要だそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朱印2種類.jpg
絵馬各種9-6-H29.jpg小ブロマイド5-31.jpg七色鱗型お守り9-6-H29.jpg朱印紙入れ10-24-H29.JPGmiko.jpgsyaoku.jpgおまもり各種11-7-H29.jpg巫女キーホルダー10-5-H29.jpg神宮大麻11-16-H29.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG南天ー2.JPG1-10までの朱印.jpg青色朱印帳と袋11-7-H29.jpg朱印と朱印帳9月.jpg
posted by miya at 02:34| Comment(0) | 神主からの言葉