ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年03月21日

清祓

なんとなくすっきりしない、或いは気分がすぐれないときが続く、ある場所や部屋に行くと気が重くなる時などは、清祓をされるのがよろしゅうございます。

可能であれば神職に清祓を依頼されるのがよろしゅうございますが、緊急を要する場合、或いは余裕のない時にはご自身でなされてはいかがですか。

重い感じがするところに向かって左・右・左と「塩・洗米・神酒」を撒きながら、「祓へ給へ・清め給へ」と唱えられたらよろしゅうございます。

また一緒に麻の緒を細かく切ったものを撒かれてもよろしゅうございます。

塩・麻・神酒・洗米には除霊・浄化の強い効果があるといわれています。

参拝の方から清祓をした後、気分が新たになったとよく伺います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
書置き朱印ひな祭りと牡丹と桃.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gif鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg朱印帳本表紙11-13-H29.jpgお守りの記事3-8-H30.JPG神社年鑑記事5-6-H30.JPGしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpgお守り各種1-26-H31.jpg巫女ファイルとしおり3-15-H31.jpg書置きの朱印入れ3-15-H31.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女印入り内裏様とお雛様3-1-H31.jpg3月の朱印 内裏様とお雛様3-1-H31.jpg
posted by miya at 03:51| Comment(0) | 神主からの言葉

お化け

お化けと申しますと怖いものです。

しかし自分自身の近親者が霊となって現れるときには、怖いといいますよりは、なつかしさや愛おしさが増し、感動して涙する方も多いようです。

お化けにもいろいろとあります。

しかし、あたしたちがお化けとして見ることがなくても、霊能者の方によりますとあたし達の周りは霊だらけだそうです。

そしてそれらのほとんどの霊はあたし達にわるさをするのではなく、あたし達を護り、あたし達の相談相手になってくださっているそうです。

孤独な人やさみしい方は霊に語り掛けられると様々な形であたし達に語り掛けてくるのだそうです。

テレビ番組の中に、ちょっと目にした何気ない雑誌にその声を聴くことが出来るそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ファイルとしおり3-15-H31.jpg
110531_163358.jpg楠.JPG朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpg御朱印帳各種1-26-H31.jpg絵馬とハンカチ3-15-H31.jpg
posted by miya at 03:48| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年03月20日

3月20日、社務所の受付を中止いたします

明日、3月21日、京都大神宮では、春季祖霊祭を斎行いたします。

その準備他のため、3月20日、社務所を閉めさせていただきますので、ご注意ください。

なお、ご参拝は通常通りして頂けます。

皆様のご参拝をお待ちしております。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
巫女ストラップ3-15-H31.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg大地主の神様.JPG楠.JPG朱印2種類.jpg巫女スタンプと朱印5-10-H30.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpgおみくじおまもり7-22-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpgお守り各種11-6-H30.jpg朱印帳表1&4 11-10-H30.jpg交通安全お守り全種1-26-H31.jpg御朱印帳各種1-26-H31.jpg巫女印入り内裏様とお雛様3-1-H31.jpg書置きの朱印入れ3-15-H31.jpg巫女ファイルとしおり3-15-H31.jpg絵馬とハンカチ3-15-H31.jpg
posted by miya at 02:00| Comment(0) | 神主からの言葉