ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2019年10月17日

心配しないのが肝要

心配しないのが肝要だそうです。

最近は、様々な情報が乱れ飛んでいるせいか、それが過剰になり、平均の睡眠時間を取っていないので心配、栄養バランスの食事をしていないので心配、などと心配をしすぎるようです。

ある医師によりますと、それなりに眠れれば睡眠時間を心配する必要はないそうですし、

食事のバランスを考えてサプリメントを摂らなくても、食べていれば心配ないそうです。

それよりもいろいろと心配する方がよほど身体に悪いのだそうです。

さすれば、毎日神様に手を合わせて今・ここで生きていることを感謝して、心を明るくし、辛いことは神様に祓って頂き、これで問題なしと心配しないのが肝要だそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「例大祭」と「神無月秋色」の書置きの朱印10-1-R1.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG朱印2種類.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg「柿」の朱印 10-1-R1.jpg
posted by miya at 03:11| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年10月16日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2019年10月16日

七五三詣り

古来、十一月十五日は、三歳の男女、五歳の男の子、七歳の女の子たちが氏神様にお参りをし、お祓いを受けました。

これを一般に「七五三詣り」と申します。

三歳は、「髪置(かみおき)」と申しまして、それ迄短くしていた髪を伸ばし始める儀式です。

五歳は、「袴着(はかまぎ)」といわれる男の子のお祝いで、袴をつける儀式です。

七歳は、「帯解(おびとき)」といわれる女の子のお祝いで、付け紐をとり、帯を結ぶ儀式です。

七五三詣りのご祈祷も承っておりますので、

ご希望の方は、社務所までお問い合わせください。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「例大祭」と「神無月秋色」の書置きの朱印10-1-R1.jpg
syaoku.jpgmiko.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg朱印2種類.jpgしおり11-7-H29.jpg御札と暦3-31-H30.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女絵葉書他4-22-H31.jpg巫女キーホルダー・絵馬・シール他4-22-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg「柿」の朱印 10-1-R1.jpg
posted by miya at 03:59| Comment(0) | 神主からの言葉