ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年09月25日

遺伝子の面白さ

最近の研究によりますと、これまでは、全ての情報が固定的に遺伝子に書き込まれていると思われていましたが、どうもそうではないことが分かってきたそうです。

遺伝子というものは、極めて柔軟でダイナミックに働き、その働きは環境や状況によって変化するそうです。

いうなれば、遺伝子にはスイッチがあり、環境や状況に応じてONとOFFを繰り返しているそうです。

しかもそのスイッチのONやOFFは、あたしたちの心の持ちようや生活態度によっても、変わり得ることが次第にわかってきた由です。

これは、言い換えれば、遺伝子は外からの刺激である「環境」によってコントロールされているということのようです。

遺伝子は、情報そのものを自ら書き換えることはできませんが、外からの刺激によってスイッチをONにしたりOFFにしたりすることで、生体をコントロールしているということのようです。

さすれば、ここにあたしたちは、大きな可能性を持っていることになります。

細胞生物学者ブルース・リプトンは、「遺伝子は単なる生物の設計図にすぎず、意識や環境が細胞をコントロールし、遺伝子の振る舞いを変える」と喝破されます。

しかも良い遺伝子をONにする大きな要因が、あたしたちが心を明るくし、微笑みを絶やさないことのようです。

神様の子供のあたしたちは、善の塊の神様のなさり様である、明るく・微笑みを絶やさない態度をまねるとき、神様の万能を発揮でき、健康でいられるようです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
重陽の節句記念の限定の書置きの朱印9-9-R4.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg記念日朱印9-18-R4.jpg重陽の節句のミニの書置きの朱印9-9-R4.jpg
posted by miya at 04:14| Comment(0) | 神主からの言葉

饒速日命(ニギハヤヒノミコト)と日本

『石切劔箭神社』の社史によりますと、天照大御神様から大和建国のため『十種の瑞宝』を授かった饒速日命(ニギハヤヒノミコト)は船団を組み、自らも「布都御魂劔」と日の御子の証である「天羽々矢」を携え天磐船に乗り込み、物部八十の大船団を率いて高天原を出航されます。

瀬戸内海を渡り饒速日命(ニギハヤヒノミコト)は河内・大和へ向かわれます。

天磐船が鳥見の里を見渡す哮ヶ峯(生駒山)に着くと、辺りを見渡し「虚空(そら)にみつ日本(やまと)国)」と賛じられます。

これが日本の国号の始まりとなったとされます。

河内と大和の一帯は鳥見の里と呼ばれ、海や山の幸に恵まれた自然豊な土地でした。

この地方を治めていた豪族、鳥見一族は狩や漁がうまく、生活用具や住居づくりに優れ、長身の恵まれた体格は戦闘に秀で「長髄の者」と恐れられていました。

一族の長である長髄彦は、饒速日命(ニギハヤヒノミコト)の徳の高さに打たれ、尊のもたらした稲作や織物、製鉄の道具・武具に文化の差を知り、一族こぞって饒速日命(ニギハヤヒノミコト)に従います。

鳥見の里を治めるようになられた饒速日命(ニギハヤヒノミコト)は、稲作に適したこの土地に水田を拓き、大きな実りをもらしました。

これが近畿地方の稲作文化の初めとなったとされます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の限定の書置きの朱印「十五夜」と「おつきみ」9-1-R4.jpg
qr_guide_sanpai.gifqr_guide_kekkon.gifqr_guide_sanpai.gifqr_guide_sanpai.gifsyaoku.jpg鈴持ち巫女後ろ向きドラフト 最終版 5-23-H28.jpg巫女祓鈴持ち完成データ 6-22-H28.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg京都大神宮ムック6-21-R2.jpeg巫女の授与品3-16-R3.jpg朱印帳と朱印袋3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 04:08| Comment(0) | 神主からの言葉

霊現象の証明

面白い話を伺いました。

霊現象が起こる建物があり、調査が行われたそうです。

質問に対して、霊と思われるものが、回答をくれるのだそうです。

科学的な調査の結果は、たまたまその家にいたほかの調査の人が発した言葉が、その家に反響し、たまたま質問に対する回答のように聞こえたというのです。

確かに、多くの「たまたま」がありますが、不可能ではないかもしれません。

しかし、調査が入らない時でも、同じような霊現象が起こっていた由です。

科学的に分析していくことも重要だと思われます。

しかし、まずはその霊現象を受け入れて、それを有効に活用する方が良いのかもしれません。

実際、医療の面で、多くの人にある患者さんのことを祈ってもらい、もう一人の患者さんに対しては祈ってもらわないという実験の結果、祈ってもらった患者さんは、手術も成功し、明らかに祈ってもらわなかった患者さんより早く回復したということは証明されているのですから。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
9月の季節印「十五夜」9-1-R4.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPGしおり11-7-H29.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg巫女ステッカー8-18-R4.jpg9月のミニの書置きの朱印「お月見」と「うさぎ」9-1-R4.jpg
posted by miya at 04:02| Comment(0) | 神主からの言葉