ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2020年03月30日

さんどう

どのような神社にも参道がございます。

京都大神宮は、境内が狭いために参道らしいものではありませんが、それでも鳥居から、手水舎、そして、ご神前へとの導線がございます。

さて、八幡様の参道は他の神社の参道に比べますといささか長く感じられます。これが八幡宮の特徴であります。

では、参道の精神的な面は何かと申しますと、それは、「参道は俗生活の雑念を振り落とすためのもの」ではないかと思われます。

参道を歩むうちに、神様と真摯に対峙する心構えを整えます。

参道の中央は、神様の通り道だと教わります。

お社の中では、真ん中を正中(せいちゅう)といいます。

これを境として右側を上位、左側を下位と見ます。

参道をご神前に向かう場合は、これに倣って左側を進みます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg
syaoku.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg
posted by miya at 05:33| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年03月29日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2020年03月29日

心を形に表す

心を形に現わすのが古来の日本的なあり方でありました。

手や口を清めるのは、心身を清くすることを意味します。

神々と向かい合うためには、「身も心も清らかでなければならない」というのが日本の古来の信仰であります。

境内で元気な声が聞こえるのは、場が明るくあり結構なことですが、時々真摯にご神前で祈念をしている方のすぐそばで大きな笑い声が聞こえたり、また大きな声での私語が聞こえて、ご祈念をなさる方が困っておられることも拝見いたします。

ご神前に立たれるに先立って、手水で心身を清められ、心を明るく保ち、真摯に神様に対峙されることによりまして、心理学で申しますところのラポートが神様との間に出来ると思われます。

静謐を保たれ、真摯にご祈念されることをお勧めいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
3月書置きの朱印とミニ朱印3-1-R2.jpg
syaoku.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg祝い箸11-6-H30.jpg御百度帳8-1-H29.jpg巫女ストラップ3-15-H31.jpg巫女ファイル一覧9-1-R1.jpg朱印帳と朱印袋一覧9-1-R1.jpgお守り一覧9-1-R1.jpg交通安全ストラップ9-7-H30.jpg交通安全ステッカー9-11-H30.jpg朱印袋三種11-13-R1.jpg縁結び守り2-14-R2.jpg社紋新朱印帳3-20-R2.jpg3月の朱印お雛様3-1-R2.jpg3月の書置きの朱印「桃の節句」と「春色」3-1-R2.jpg
posted by miya at 05:49| Comment(0) | 神主からの言葉