ホームページを開設しました http://kyotodaijingu.jp/
お問い合わせはこちらから http://kyotodaijingu.jp/form/postmail.html

2022年06月25日

茅の輪くぐりの由来

茅の輪くぐりは、須佐之男命様が旅の途中に宿を求めた、備後国の蘇民将来(そみんしょうらい)との逸話が起源です。

貧しいにもかかわらず、喜んで須佐之男命様をもてなした蘇民将来に対し、弟である巨旦将来(きょたんしょうらい)は裕福にもかかわらず宿を貸そうともしませんでした。

数年後、再び須佐之男命様は、蘇民将来のもとを訪れられ、かつてもてなしてもらったお礼にと、「疫病を逃れるために、茅の輪を腰につけなさい」と教えられました。

教えを守った蘇民将来は難を逃れられ、それ以来、無病息災を祈願するため、茅の輪を腰につけていたものが、江戸時代を迎える頃には、現在のようにくぐり抜けるものになったといわれています。

祇園祭の山鉾巡行では、かつて粽を撒きましたが、これも粽が笹を撒いたもので、茅の輪と同様のものだったことがその由来です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
夏越大祓唱え詞-1-R4.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg110531_163358.jpg巫女座り.jpg楠.JPG七色鱗型お守り6-1-H30.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpgお守り各種4-27-R3.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg大祓詞プレイト1-24-R4.jpg交通安全のストラップ他2-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg夏越大祓人形と神札6-1-R4.jpg6月季節印「紫陽花とてるてる坊主」6-1-R4.jpg
posted by miya at 06:13| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年06月24日のつぶやき








posted by miya at 00:01| Comment(0) | 神主からの言葉

2022年06月24日

感情を作るのは思考

ある霊能者の方から教えて頂きました。

あたしたち人間は、感情の動物だといわれます。

しかし、その感情を作るのはあたしたちの思考だそうです。

あたしたちが持つ思考が、同じ種類の感情を作り出すのだそうです。幸せな思考を持てば、幸せな感情を抱きます。

そして、ここで重要なのは、幸せに感じると、同時に怒りの感情を抱くことはできなくなるということであります。

つまり、幸せな思考は幸せな感情を生み出し、そこからさらに多くの幸せな思考が生じます。

それと同時に、若しも怒りを感じたとすれば、それは怒りの思考を持ったせいで生じた感情だそうです。

つまり思考と感情は常に一致するわけです。

さすれば、幸せの要諦は、悪しきことを考えず、善きことを考えることにつきます。

そのためには、あたしたちの周辺に悪しきことをおかず、善きことで覆うことだそうです。

その第一歩は微笑みを絶やさず、まずは神様に、そして様々なものに感謝することを見出し、感謝することだそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
6月限定の書置きの朱印「夏越大祓」と「百合」6-1-R4.jpg
DSC_0096 水無月祓ー1.jpg巫女立ち位置ver.2.jpgmiko.jpg小宮と大地主の命photo 3-28-H31.jpgしおり11-7-H29.jpg七色鱗型お守り6-1-H30.jpg巫女の授与品3-16-R3.jpgお守りと絵馬一覧3-16-R3.jpg神宮大麻と京都大神宮の神札6-6-R2.jpg朱印帳全種1-1-R4.jpg朱印帳2 4-7-R4.jpg朱印帳4-7-R4.jpg一粒万倍の札と福財布4-22-R4.jpg6月季節印「紫陽花とてるてる坊主」6-1-R4.jpg夏越大祓人形と神札6-1-R4.jpg夏越大祓唱え詞-1-R4.jpg6月ミニの限定の書置きの朱印「時雨時」と「あじさい」6-1-R4.jpg
posted by miya at 00:49| Comment(0) | 神主からの言葉